中国国立大学 北京語言大学 東京校

BLCUTブログ

高校生北京研修プログラム実施報告

イベント
2018年3月26日~3月30日の日程で、高校生北京研修プログラムを実施しました。
今年は日本全国から25名の新高校3年生が参加しました。




①北京の名門高校で現地学生と授業体験、国際交流!

昨年同様、北京石油学院付属中学という北京市内でも非常に優秀な高校に行き、同世代の中国人学生と一緒に授業を体験。体育の時に英語や中国語を使っての交流する姿も見ることができました。訪問後、日本人高校生に感想を聞いた所、一番驚いていたのが、英語の授業の内容でした。「授業がオールイングリッシュで進められていて、先生に指名されても英語を使って自分の意見を述べていたのがすごい!!」と日本と比べて、英語レベルが非常に高いと感じていました。今後の語学学習や国際関係に対する意識の向上に繋がってくれれば幸いです。



②中国語教育最高峰の北京語言大学本校を見学。現地の大学生と一緒に国際交流!

今回、北京語言大学の中国語授業を体験しました。日本語を一切使わない環境の中、皆一生懸命に中国語を学習していました。午後には北京語言大学だけでなく、北京の他大学に通っている中国人学生やその他の国の学生などを集めて国際交流を行いました。皆さん早速習った中国語や英語を使って果敢にコミュニケーションをとっていました。また、学校の寮や体育館、バトミントン場などの施設見学も行いました。北京語言大学に留学体験することにより、これからの留学LIFEがより具体的に見えてきたと思います。




③世界遺産の都市・北京の観光と日系企業の訪問

天安門、故宮、王府井など北京市内を観光しました。一部の学生に人気だったのが、小吃街(食べ歩きスポット)で買うサソリでした。笑 私も食べましたが、香辛料がきいていて、臭みがなく食べることができました。皆さんも北京へ旅行に行った時には是非挑戦してみてはいかがでしょうか。その他の学生も多くのお土産を購入し、非常に満足していた様子でした。



日系企業訪問では昨年同様にJAL北京支社にお邪魔し、北京支社の駐在員として勤務している社員さんに体験談を聞かせていただきました。「将来海外で働きたい」、「外国語を使った仕事をしたい」と希望する学生が多く、実際に海外で働いている方々のお話を聞けたことは、学生にとってとても貴重な機会となったようです。この経験を活かして、将来は国際人として活躍してほしいです。




今回参加してくれた高校生はそれぞれバックグラウンドは違いますが、将来世界を舞台に活躍したいという気持ちは同じでした。北京研修は非常に短い時間でしたが、経験したことを糧にし、固定観念にとらわれず幅広い視野、知識をもつこと、様々なことに興味をもち、挑戦し続けてもらいたいです。