中国国立大学 北京語言大学 東京校

BLCUTブログ

中国語づけスプリングスクール実施報告

イベント
本学では、春休みの高校生向けイベントとして3月27日~30日の4日間の日程で「中国語づけスプリングスクール」を実施しました。このスクールに、全国各地から高校生21名が参加しました。参加者のレポートを元にイベントを振り返ります。

中国語で中国語を学ぶ授業。留学生との交流。中国語漬けの4日間



今回のスプリングスクールでは実用的な中国語を学ぶことができ中国語をとても身近なものに感じることができました。初めは直接教授法で行う授業に不安もありましたが、本当に分かりやすく楽しい授業で90分があっという間でした。中国語の発音を難しく感じていましたが、ネイティブの先生が繰り返し教えてくれることで本物の発音が頭に入りコツがつかめました。四日間でしたが参加する前よりはるかに、理解でき話せる中国語が増えて一層中国に対する興味が高まりました。(埼玉県)

⽇本語で中国語を学習するのではなく、全ての授業が中国語で⾏われ、⽣徒側がわからない際にも⽇本語で説明されるのではなく、極⼒簡易な中国語を使⽤し説明してくださっていた点も初めての体験で、斬新でした。先⽣に続いて読み上げることや⼈前で発表することで、何が正しく、何が間違っているかを明確に指摘してもらうことができました。初⽇にはまだ検討もついていなかった拼⾳が最終⽇には少し理解できるようになりました。ネイティブスピーカーの⽅と共に授業を受けることができたことも⾮常に役⽴ったと思いました。(京都府)

高校二年生から中国語に触れて1年。授業についていけるかとても不安でしたが授業は基礎の発音から学び、復習をする良い機会となりました。今まで自信がなかった発音もネイティブの中国人留学生や先生に丁寧に教わることができて前よりも自信がついたと思います。そして1番驚いたのは中国語にも方言があり、南の方と北のほうでの是の発音が違うことでした。今までは巻き舌でシーと発音していましたがスーと発音するということでした。(北海道)

スプリングスクールでは、今までの「独学」とは全く違う中国語学習方法を知った。4日間を通して行われた講義では、中国人の先生や留学生たちの生の中国語を聞きながら、自分のイントネーションの間違っているところを発見し、改善することが出来た。また、大きな声で発音することによって正しい声調を学び、単語一つ一つの発音を確認することで、曖昧な「ただの音」が言語になったように感じた。テキストの例文は、使用する場面が容易に思い浮かび、実際の状況を考えながらパートナーや班での会話練習を行うことが出来た。(東京都)

中国語の授業は日本語で授業を行うのかと思っていたのですが、全て中国語で説明して下さり中国で授業をうけている感覚になり、とても新鮮なものになりました。そして、中国人留学生もいて先生には聞けないことも近くにいるので安心して教えてもらい、色々な方のネイティブな発音を耳にして発音の知識を身につけることができました。最初の授業で、先生からたくさん当てると聞き、私は発言をするのが苦手なので少々困りましたが、発言をしているうちに中国語を覚えていき、とてもいい経験となりました。今回のプログラムをうけて中国語を更に学びたいと思いました。(大分県)


グループワークやキャリア講演で「グローバル人材」について考える



3日目のグローバル人材についての講演は、とても心に響くものがありました。これからの時代を生き抜くためには自分で問題を設定し解決していくことが重要であり、答えは1つではないということがよく分かりました。また、一度海外に飛び出して見ることもありなのかなと思い留学してみたいという気持ちが高まりました。講演前のグループワークも、グローバル人材についてどのような意見があるのかを共有して多角的な考えを知ることができ大変参考になりました。(千葉県)

講演を聞いてすごく心に響いたことが沢山ありました。作業していくのがロボットになる世界で自分たちはどのように生き延びていくのかすごく考えさせられました。失敗をすることは恥ずかしいことではなく、失敗から学ばないと必要としてもらえる人材にはならないこともわかりました。グローバル人材で1番心に残っているのは新しい価値を創造する力です。将来は、3ヶ国以上の言語を話せるようになり、自分の強みにもしたいです。社会が求めるグローバル人材になるためにこれから頑張っていきたいです。(香川県)

3日目のグローバル人材の講演はとても心に響きました。いつどこでも働けるように中国語と英語をもっともっと上達し、困っている外国人を助けられるようにペラペラになろうと心から決めました。このスプリングスクールを通して今まで曖昧だった将来の夢がやっと見えてきたと思います。将来は台湾の大学で4年間勉強して中国語も英語も日本語も話せるトライリンガルを目指し、外国人相手に日本語を教えたいです。(北海道)


参加者との出会い。自己成長。



今回のスプリングスクールでの収穫は語学学習だけでなく、地方から来た同学年の参加者の人とも交流できたことです。学校にいる友達は中国について関心のある子ばかりではないのでこのような機会はとても良い経験でした。グループワークを通して同じ志を持つ人と意見を共有できたことは貴重な経験ができました。中国語を学ぶきっかけや将来の職業などについて話したり、自分が知らなかった知識もおしえてもらったり、視野が広がりました。わたしは将来中国語を使って人と接する仕事につきたいと思っています。今回のスプリングスクールへの参加はその夢につながる良い一歩になったとおもいます。(埼玉県)

中国語の学習以外にも今回の収穫は山ほどあった。それは、地方の同級生と仲良くなれたことだ。現在ではまだ中国語を学ぶ高校生は少数派であり、仲間を見つけることは難しいように思っていたが、日本全国に多くの仲間がいるのだと分かった。スプリングスクールに参加したすべての生徒には現代日本の外国語教育の主流である英語に加えて、中国語を学びたい、と思った理由やきっかけが必ずあるはずだ。その目的や夢は違えども、同じように中国語を学びたいという気持ちを共有したことで、ほかの場所で出会うよりも短い時間で仲良くなれたのではないだろうか。(東京都)

参加者の皆さんの学ぶ姿勢が非常に素晴らしく、全ての行程を意味のあるものにしてくれました。皆さんの将来が楽しみです。応援しています。