中国国立大学 北京語言大学 東京校

BLCUTブログ

【知っチャイナ!深度中国】~中国料理①~

中国文化
みなさんご存知だと思いますが、中国料理は、地域によって特色が異なります。
麻婆豆腐だと四川料理、エビチリや酢豚は広東料理、小籠包は上海料理ですね。

では北京料理といえば何があるでしょう?北京ダックは北京という名前がついているので、北京特色の料理と言えますが、今日は別の料理を紹介したいと思います。
火鍋は鍋料理で四川・重慶地域発祥の料理ですが、北京発祥のしゃぶしゃぶ料理があります。
それは中国語で「老北京涮羊肉 」、北京火鍋とも呼ばれています。
中国語では「铜锅」で、炭火を使うのも特徴の1つですね。
基本的には一般の火鍋と同じく、お肉、魚、野菜などを入れ、別途自分で調理したタレ、一般的には特製芝麻醤(調合されたごまだれ)と一緒に食べます。
他の火鍋との違いとしては、「老北京涮羊肉 」と書いてあるとおり、羊を食べることが多く、また毛肚(センマイ)も必ずと言っていいほど頼みます。
中国料理 火鍋

ちなみに伝統的な老北京涮羊肉の食べ方は以下のように
1、先涮毛肚(センマイをしゃぶしゃぶ)
2、再涮肉(お肉をしゃぶしゃぶ)
3、三下菜(その他具材をしゃぶしゃぶ)
4、最后煮杂面(〆の麺を食べる)

ということになります。

昨年ついに北京の「老北京涮羊肉 」老舗である「東来順」が池袋にできたみたいなので、北京語言大学東京校にご来校いただける前後に寄ってみるのもいいかもしれません!
中国料理 火鍋