北京本校への移動キャンパス

北京語言大学本校

東京校から飛び出し、中国語を鍛える。

東京校で身につけた中国語を、北京本校への移動キャンパスでさらに向上させます。現地での生活は、すべての瞬間が中国語学習のチャンスです。大学の授業はもちろん、友人との会話や議論、外出先での買い物、食事の注文など、さまざまな場面で中国語を使い、実践的なコミュニケーション能力を身につけることができます。

  MERIT 

  1    1学期〜2年間まで自由に期間を選べる。
  2   6.000人以上の留学生が在籍する国際色豊かなキャンパスで学べる。
  3    移動キャンパス中、東京校の学費(東京校在籍登録料を除く)は不要。費用を抑えて留学することが可能。

移動キャンパスの流れ

移動キャンパスの流れ

中国ならではのリーズナブルな留学費用

欧米諸国に比べて、中国は物価が安く、費用を抑えて留学することができます。ここでは北京本校への移動キャンパスにかかる費用の概要を見てみましょう。
渡航前には、航空券、ビザ申請、海外留学保険などにかかる費用と授業料を納入する必要があります。
渡航後は、寮費、食費、交通費、通信費などがかかります。寮費は入寮日に1学期分を支払いますが、どの寮に住むかによって値段は大きく変わってきます。食費、交通費、通信費などは日本に比べて非常に安く抑えられるでしょう。2019年度に移動キャンパスしている学生の、授業料と寮費を差し引いた生活費は、月額平均3.4万円です。
また、本学は、移動キャンパス中の北京本校の学費を免除する「北京本校留学奨学金」を設けています。
受給者は、2016年度3名、2017年度4名、2018年度7名、2019年度7名です。

留学中の学生の声

中国語主専攻 英語副専攻
中国の方々の優しさに触れる日々。いつか、恩返しがしたい。

中国語初心者の私は、どこまで中国語力を高めることができるのだろう。そんな不安を抱えながら北京語言大学東京校に進学しました。しかし、すぐに不安は吹き飛びました。入学してしばらくすると、先生の中国語がほとんど分かるようになっていたのです。そして、入学後8ヵ月でHSK4級に合格。2年次からは、学費全額免除の奨学金を得て北京本校に移動キャンパスしています。
北京本校では、韓国、ドイツ、イタリア、ロシア、カザフスタン、トルコ、ペルー、タイなどさまざまな国籍の学生と一緒に中国語を学んでいます。寮の友人たちとも仲が良く、登下校はもちろん、ご飯をつくったり、ショッピングをしたりと、充実した日々を過ごしています。北京での生活は、日本とほぼ同じ環境なので、不便を感じたことはありません。現地の方々はとても優しく、街を歩いていると「バッグのチャックが開いているよ」と教えてくれたり、財布をカバンごとなくした時も、翌日に現地の方から連絡がきてそっくりそのまま返ってきたり、助けられながら生きています。
卒業後は、助けてくれた方々に恩返しができるよう、人の役に立つ仕事に就きたいと思っています。

【学生の声】中国留学 北京本校 移動キャンパス / 中国語主専攻 英語副専攻

不安な時に頼れる日本人留学生会

はじめまして、私たちは北京語言大学日本人留学生会です。
私たちの活動は、主に新しく来た日本人留学生の入学手続きサポート、日本語を学ぶ中国人学生との交流会や就職活動イベントの企画、学校が主催するイベントのお手伝いなど、さまざまあります。
留学されるほとんどの方は北京に来るのが初めてのことと思います。生まれ育った地からいきなり北京へ来るのはかなり不安だと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?ですが、北京には多くの日本人がいます。
特に北京語言大学は、日本人留学生や他国の留学生が多くいることで知られており、交流をすることができます。留学中に問題に直面した時は私たち日本人留学生会を頼ってください。きっと北京での留学生活を実のあるものにできると思います。