中国人材の将来

世界が中国に注目する今、中国語運用能力の高い人材が常に求められている。

Point 1

世界が注目する巨大市場・中国
GDP規模世界第2位( 世界全体の約16%。米国は約25%、日本は約6%)の中国の急激な経済発展に伴い、アジアのみならず、欧米、アフリカ、「一帯一路」沿線国などのさまざまな国が中国との経済往来が盛んになっています。

Point 2

日本と中国の密接な関係
日本の国別貿易額、日系企業の海外拠点数、ともに中国が1 位※で、日本の多くの企業は中国市場に支えられています。そのような企業では、語学力だけでなく、文化や習慣にも精通した真の中国語人材を必要としています。
※ 1 財務省貿易統計2018 年度より

Point 3

世界中で高まる中国語学習ニーズ
約14 億人市場につながる中国語話者のニーズは高まっています。日本企業に就職、さらには昇進する際、HSK などの資格は有利です。漢字を使う日本人には学びやすく、また英語話者に比べ希少価値があるため、仕事の幅が広がるでしょう。

専門的な知識

ボーダレスな課題に直面する現代社会で、
専門的な知識を活かすことのできる人材が活躍する。
専門的な知識
経済、社会、文化のグローバル化が急速に進展する今日の世界では、今まで人類が直面してこなかったさまざまな新しい課題が生じ、これらに対応できる新しい視点や専門的な知識を持った人材が求められています。しかし、グローバル社会を正しく理解するには、国内で机上の勉強をするだけでは足りません。さまざまな困難に挑み、身につけた知識を活かす経験が必要です。また、情勢は目まぐるしく変化し、それに応じて求められる知識もより高度化しています。学生の時だけでなく、生涯を通じて学び続ける姿勢も重要となってくるでしょう。

国際的な視野

価値観が多様化する世界で、
国際的な視野を持つ人材が道を拓いていく。

グローバル人材に必要な要素

グローバル社会において価値観がますます多様化する中で、自分と異なった価値観を持つ人々と試行錯誤しながら共生し、国際事業を担うことのできる国際的人材がさまざまな分野で求められています。世界を舞台に活躍するためには、語学力+専門的な知識だけでは不十分です。異なる価値観に関心を持つ好奇心、異文化の中で自分の意志を伝え自ら実行することのできる主体性、困難な問題にも果敢に取り組む問題解決力、既存の概念にとらわれず新しい発想ができる柔軟性、意見や立場の違いを理解する異文化対応力など、さまざまな要素を身につける必要があります。

キャリア教育についてもっと見る