BLCUTブログ

文化デー 暗唱・スピーチ大会実施

イベント
早々に梅雨も明け、急な夏の始まりとなりましたね。さて、去る6月29日(金)に第2回 文化デー 暗唱・スピーチ大会が開催されました。当日は午後からの開演でしたが、午前中からリハーサルを行い、司会から裏方の音響まで在学生たちが協力して行っていました。



まずはチャイナドレスショーからスタートし、鮮やかな旗袍(チャイナドレス)に身を包む女子学生に、観客からの歓声が響いていました。ファッションモデルのようなウォーキングで、事前練習の成果を堂々と披露していました。



その後、韓国人、日本人、ベトナム人、アメリカ人の在学生4名による司会進行によってスケジュールが進みました。その手際の良さと中国語力は圧巻で、とてもスムーズに会が進行していました。司会のメンバーの中には1年生もいて、全編中国語での司会は非常に大きなチャレンジであり、中国語の司会原稿はすべて暗記したと言っていました。



スピーチ大会では朗読部門・演説部門 に分かれ全29名が舞台に上がり日々の努力の成果を披露してくれました。朗読部門では昨年に劣らず学生達の豊かな表現力に圧倒されました。詩の切なさや、躍動感がひしひしと伝わりとても感動的でした。また2年生以上の在学生が演説部門で高い中国語力でスピーチを披露し、その自信に満ちた姿は見事でした。




また、恒例の文化的演目では劇や、ダンス、歌、忍者ショー、変面等、練習にかけた時間はいかほどか想像がつかないほど、完成された内容にとても楽しませてもらいました。特に演劇《環珠姫の四字熟語修業》では、四字熟語をテーマにした劇になっており、日頃授業で習った表現も使われいました。声をあげて笑う学生も多く、内容もしっかりと理解できて、入り込みやすかったようです。




4時間の 暗唱・スピーチ大会はあっという間でした。また来年どんな内容で文化デーを盛り上げてくれるのか、今からとても楽しみです!