日中通訳・翻訳副専攻

日中通訳・翻訳(副専攻)
体系的な学習と訓練を通して中国語運用能力を高め、日中通訳・翻訳能力を養います。中国語における口語表現と文章表現の違い、日中の言語表現の違いなどを学び、実践的な訓練を通して日中通訳・翻訳能力を高めます。また、日本と中国の言語文化に関する知識と通訳・翻訳の理論を身につけ、優れた異文化理解力を備えた日中通訳・翻訳に携わる人材になることを目指します。
注目の科目

日中通訳

通訳理論の知識を身につけ、大量の技能訓練を行う。通訳の三原則に関する理解を深め、耳からのインプット、記憶、メモ、要約、口からのアウトプットなどの通訳の技術を体得する。将来、通訳として活躍するための基礎を築く。

日中翻訳

日本語特有の言語表現の翻訳、日本語特有の文型の翻訳など、比較的複雑な翻訳の技能を身につける。また、日本語と中国語の言い回しの比較を通して、翻訳の際によく使う中国語特有の言い回し(動詞、四字熟語、兼語文など)を習得する。このような学習を通して、よどみなく流れるように表現できる中国語運用能力を身につける。
カリキュラム
到達目標必修科目
1年次中国語の正しい発音を身につけ、基本文法を自分のものにする。
日常会話をマスターし、文で表現する力、中国語や異文化理解に関する知識を身につける。
● 初級中国語総合
● 初級中国語リスニング
● 初級中国語リーディング
● 初級中国語スピーキング
● 英語総合Ⅰ・Ⅱ
● 日本語総合Ⅰ・Ⅱ(留学生対象)
● キャリアゼミ
● 基礎キャリア形成Ⅰ
2年次比較的整った文章を構成する能力を身につけ、中国に関する知識と教養を理解する。
後期からは日中通訳・翻訳の基礎知識を身につける。
● 中級中国語総合
● 中級中国語リーディング
● 中級中国語リスニング&スピーキング
● 中国語ライティング基礎
● 英語総合Ⅲ
● 日本語総合Ⅲ(留学生対象)
● 基礎キャリア形成Ⅱ
● 情報リテラシーⅠ
3年次円滑な中国語コミュニケーション能力を習得する。
通訳・翻訳の実践的トレーニングを重ね、知識と理論を理解する。
● 日中通訳Ⅰ
● 日中翻訳Ⅰ
● 上級中国語総合Ⅰ
● 上級中国語スピーキングⅠ
● インターンシップ
4年次専門的な中国語運用能力を身につける。通訳・翻訳の技能を磨く。
4年間の集大成となる中国語での卒業論文に取り組む。
● 上級中国語総合Ⅱ
● 日中通訳Ⅱ
● 日中翻訳Ⅱ
日中通訳・翻訳副専攻の学生の声
将来、日本で通訳・翻訳として活躍したいと思い、日中通訳・翻訳副専攻を選択しました。基礎的な通訳・翻訳の理論から、日本語と中国語のロジックの違い、表現方法の違いなどの専門知識まで、幅広く学ぶことができました。
「日中通訳」では、指定されたビジネスシーンに基づき日中・中日通訳の訓練をする授業で、日常会話の通訳はもちろん、ビジネスシーンでの通訳、旅行客のアテンド時に必要な通訳なども学ぶことができます。また、日本で流行している映画やドラマを通訳の題材にして、若者言葉や台詞の表現方法についても学ぶことができました。そして、中国語ができるからといって通訳・翻訳ができるわけではないということを身に染みて感じ、専門的な学習の必要性を感じました。