留学のすすめ

体で外国語を学び、文化や歴史を肌で感じ、国際的な視野を持った人材に。

Point 1

変化に対応できる柔軟性を身につける。
留学先では、これまで当たり前だと思っていた常識が通用しなかったり、今まで出会ったことのない文化や習慣に出くわしたりと、初めての体験の連続です。時には、理解に苦しむことや受け入れがたいこともあるかもしれません。しかし、そのような体験を通して人は成長し、目まぐるしく変化する現代社会を生き抜くために必要な柔軟性を身につけることができます。そして、どんな文化や習慣も「おもしろい」と思えるようになるでしょう。

Point 2

困難に立ち向かう力・問題解決力で強くなる。
留学中は、慣れない生活環境で起こるさまざまな問題や不便を外国語で対処しなければなりません。それは、外国語の運用能力だけでなく、思考力、コミュニケーション能力、実行力などを必要とするものです。しかし、困難な状況で意思疎通をすることができた時、自分で問題を解決できた時、人は自信がつき、一段とたくましくなるものです。それは、社会に出てから直面するさまざまな困難を解決する際にも活かすことができるでしょう。

Point 3

新たな価値観に出会い、視野を広げる。
多国籍のクラスメイトと教室で肩を並べて学んだり、今まで聞いたことのない国の学生と生活を共にしたり、留学中は異文化交流の機会が多くあります。多彩な価値観の中でさまざまな差異を認め、相互理解を深めることを通して、自らの視野を広げ、それまでとは違った視点で世界を見ることができるようになります。異なる文化や価値観の衝突が日々繰り返されるグローバル社会では、このような経験を持った人材が強く求められています。

留学制度

移動キャンパスだから期間も自由に選べる

東京校で学習した中国語を北京本校への移動キャンパスでさらに高めます。1学期から2年間まで、自由に留学期間を選ぶことができます。カリキュラムの一部として留学するため休学の必要がありません。留学期間にかかわらず4年で卒業することができます。東京校の1年次で中国語の基礎を学んだ後、2年次から1年間、または2年間、北京本校に移動キャンパスする学生が多く、彼らは4年次に東京校で卒業論文と就職活動に集中することができます。
また、学内留学センターで8ヵ国100校以上の教育機関への短期語学研修をオーダーメイドできます。自らの希望に合わせて留学先を選ぶことができます。

あなたの留学プランに北京語言大学

北京本校への移動キャンパス

短期語学研修(休暇を利用して世界へ)