BLCU学生の声

在学生(中国語主専攻 国際経済・貿易副専攻)

北京語言大学東京校学生インタビュー
アットホームな環境の中、中国語をマスターして、トライリンガルを目指します!

初めて中国語に興味を抱いたのは、私が中学生の頃です。地元の自治体が主催するプログラムに応募し、台湾研修旅行に参加。台湾人の友達がたくさんでき、「もっと話したい。仲良くなりたい」と思うようになりました。また、父の影響で幼い頃から国際交流に関心があったことも、中国語を学ぶ大きなキッカケになっていると思います。ただし、中国語に関する知識はほとんどなく、まずは本格的に学ぶ必要があると思いました。そこで、日本で中国語を学んだ上で北京語言大学本校に留学できる東京校に入学しました。

北京語言大学東京校の授業は、聞くのも話すのも書くのも読むのもすべて中国語です。クラスの半数以上が外国人留学生で、入学当初は留学生の積極的な姿勢に圧倒されてしまいました。それでも、毎日同じ教室で過ごすうちに、気がつくと、私自身もためらうことなく発言するように。こうした北京語言大学東京校ならではの環境のおかげで積極性が高まり、学内のさまざまなイベントにも参加するようになりました。

これまで、スピーチコンテスト・文化デー、ウィンターコンサートに参加。文化デーとウィンターコンサートでは、中国語で歌を披露しました。実は私がこれらのイベントで歌を歌うことになったのは、大学の中国文化講座がきっかけなんです。授業でC-Popを歌ったところ、先生やクラスメイトに褒めてもらって。その評判が校長先生の耳に届き、「ぜひ歌ってみませんか」とお誘いをいただきました。校長先生自ら、学生の私に声をかけてくれるなんて!最初はとっても驚いたけれど、北京語言大学東京校は先生や事務局の方と学生の距離がとても近いんです。アットホームな校風があるので、居心地も良いですよ。入学してまだ1年ですが、授業以外でも先生と日常的に交流を深めています。

東京校で過ごした1年は本当に濃厚でした。入学した時点での私の中国語力はゼロ。でも1年経って、授業中に先生の言ってることはほぼすべて理解できるようになりました。HSK(中国語検定)にもチャレンジし、4級に合格できました。今年はいよいよ、北京語言大学本校に留学するので、今からワクワクしています。留学先では、日本でできないことをたくさん経験してみたいです。
北京語言大学東京校学生インタビュー
[Training Program]
高校生北京研修プログラム
北京の高校生と交流を深める5日間。
視野が広がり、学びの意欲がさらに高まった。
中国に興味のある高校2年生を対象に開催する5日間の「高校生北京研修プログラム」。現地高校生とオールイングリッシュの授業を受けるほか、北京語言大学本校見学や日系企業訪問、北京観光など多彩なメニューに参加することができます。みんな視野が広がり、「中国語が話せるようになりたい」「中国に関わる仕事に就きたい」など、将来の目標を定め、学びへの意欲を高めていました。
北京語言大学東京校学生インタビュー
[Club]
クラスの友達を誘ってサークル設立。
大好きなバスケに打ち込んでいます!
「子どもの頃から好きだったバスケットボールを、東京校の友達とも楽しみたい」と思い、バスケットボールサークルを立ち上げました。
毎週金曜日、池袋キャンパス近くの体育館を借りて練習に打ち込んでいます。自主的に何かを始めたのは、生まれて初めて。アットホームで、教職員の方や友達にも相談しやすい環境があるので、やりたいと思ったことに積極的にチャレンジできています。