北京語言大学東京校アドミッション・ポリシー

■ 建学の理念
「徳行言語,敦睦天下(道徳的な言動を心がけ、世界の平和友好に貢献する)」

北京語言大学は、「言葉によって平和をもたらし、教養によって友好の橋を架ける」という信念を掲げています。
世界各地に赴き、言語と教養の力で友好を広め、さまざまな分野でリーダーシップを発揮できる人材を育成するとともに、北京語言大学が長年培ってきた研究の蓄積を広く社会に還元していきます。

■ 北京語言大学東京校の教育理念
北京語言大学東京校は、中国語+専門的な知識+国際的な視野を身につけ、国内外のさまざまな分野でリーダーシップを発揮できる人材を育成することが、現代社会から託された自らの使命であると考えています。そして、北京語言大学の建学の理念「徳行×言語」に基づき、東京校は以下の8つの要素を備えた人材の育成を目指しています。

【徳行】「道徳的な行い」を意味し、社会に生きる人間として必要な以下の4つの要素を磨きます。
・他者と共に生きる社会を創造する「公共心」
・道徳、倫理、法律等の社会規範を守る「規範意識」
・問題の本質を見出し、解決に向けての立案・実行ができる「問題解決力」
・問題解決に向けて論理的に考えることのできる「思考力」

【言語】「言葉を正しく扱うこと」を意味し、言語にまつわる以下の4つの要素を磨きます。
・言葉を正しく理解し発信する「語学力」
・他者との相互理解を円滑に進める「コミュニケーション能力」
・異なる文化や価値観を理解しようとする「異文化理解力」
・自分の言動に責任を持つ「主体性」


■ 期待する学生像
北京語言大学東京校は、上記の教育理念に共感し、強い意欲を持って学ぼうとする学生を積極的に受け入れたいと考えています。

本学が求めるのは、以下のような学生です。
  • 本学の中国語・中国文化教育研究の長年の蓄積、留学などの海外体験の機会を最大限活用しようとする者
  • 主体性を持って学び、その学びを通して人間的に成長し、さまざまな分野で自ら道を拓いていこうとする強い意志を持った者
  • 将来、国際舞台でリーダーシップを発揮したいという強い意欲のある者

■ 入学者選抜の基本方針
北京語言大学東京校は、入学後の授業の内外で何を学びたいか、その学びを通してどのように成長したいか、4年間の大学生活で何を身につけたいか、卒業後に社会とどのように関わっていきたいか、これらの具体的なビジョンを持っている学生を歓迎します。